ⓐ基元節聖酒(天一国聖酒)

ⓐ基元節聖酒(天一国聖酒)

基元節聖酒(天一国聖酒)は、真のお父様が地上にいらっしゃった時に、「天一国基元節」で使用する聖酒として作られ、それを保管するように清平に指示された聖酒とされています。

そして今回の「四大聖物」の聖酒は、その天一国聖酒が、真のお母様の 3 年間の「侍墓精誠」の勝利の基台の上で新たに与えられたものと説明されています。つまり真のお父様が作られた聖酒にプラスして、韓お母様の 3 年間の「侍墓精誠」の勝利の基台の上で新たに与えられたものというわけですから、純粋に真のお父様が作られた聖酒ではないということは間違いないでしょう。

真のお父様を裏切り、第三次「真の父母様聖婚式」の代わりに、「金孝南主導のもと、神様と結婚式を挙げるといって、サタン的悪霊と結婚式を」(2016.8.3 文亨進様)挙げた韓お母様は、真のお父様に繋がる祝福家庭に、韓お母様自らと、韓お母様と結婚した神様とに繋がる聖酒を与えられているのではないでしょうか?

サタンは神が最も愛される者を愛し、その永遠の命をも奪っていこうとします。再臨主が降臨された今の時代、神が最も愛される存在とは誰でしょうか?それは間違いなく再臨主と苦楽を共にし、神の祝福を受けた神の聖徒、祝福家庭です。

韓お母様と結婚し、神様と名乗って天一国を奪っていった神様は、真のお父様に繋がる聖徒たちをそのままに放っておくはずがありません。聖徒たちから何らかの条件を奪い、自分の主管の元に置こうとするのではないでしょうか?その条件が「天一国 4 大聖物」の基元節聖酒だと考えるのが自然です。

もちろんこれは、何の証拠もない、状況証拠による単なる推論にすぎません。しかしサンクチュアリ教会文亨進様が訴える、家庭連合の聖酒式に参加すると「堕落する」というみ言からみても、おそらく正しい解釈だろうと考えられます。つまり真のお父様によって祝福された、神が最も愛される聖徒たちを、天地創造神と真のお父様から引き離し、自分たちの「天一国」に引きずり込む為の条件物が基元節聖酒なのです。神が最も愛する者たちだからこそサタンは奪っていこうとするのです。

関連記事

  1. ⓒ天の父母様

  2. ③偽基元節 2013年2月22日(天暦1月13日)

  3. 4、聖酒問題

  4. ⑦真のお父様と韓お母様の『独生女』の違い

  5. ④アベルカイン一体化宣布

  6. ⑥韓お母様のクリスマス発言~「お父様は原罪を持って生まれた」

    • キン斗雲

    >基元節聖酒(天一国聖酒)は、真のお父様が地上にいらっしゃった時に、「天一国基元節」で使用する聖酒として作られ、それを保管するように清平に指示された聖酒とされています。

    ここだけ疑問があります。

    ・お父様がご聖和前に基元節聖酒の作成について特別な指示をされたこと。
    ・お父様のご聖和の40日後に、韓オモニが(ニセ)基元節聖酒を渡しました。

    ご聖和前に、基元節聖酒が【完成】していたと事実が分かりません。

    2012年1月18日に、韓オモニがある神(サタン)と結婚式をあげたことで、基元節聖酒は特別な指示を満たさず、完成しなかったと私は考えます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

にほんブログ村