②キリスト王国時代と東西王朝分立時代

 ②キリスト王国時代と東西王朝分立時代

☆分立
・アベル的立場の東フランク王国⇒神聖ローマ帝国
・カイン的立場の西フランク王国

☆腐敗
・東西王朝分立時代においても、法王庁が堕落と腐敗に陥った。

☆内的刷新
・トマス・アクィナス、聖フランシスなど、修道院の人物たちが、内的な刷新運動を起こした。

☆外的粛清
・神は彼らを異邦人たちに引き渡して、外的な粛清の摂理をなさった。これがすなわち、十字軍戦争であった。
エルサレムの聖地回復のため、1096年から約200年間、7回の遠征を行ったが、敗戦を繰り返すだけだった。

関連記事

  1.  ⑤金孝南訓母様の家庭

  2. ⓓ宋榮渉 元日本総会長

  3. 8、情報操作、情報統制

  4. ②先祖解怨210代の疑問

  5. 3、韓お母様の聖婚式と基元節、独生女宣言

  6. 6、神の王国の腐敗と分裂、内的刷新と外的粛清

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。