⑤真の基元節 (2015年8月30日、天暦7月17日)

⑤真の基元節 (2015年8月30日、天暦7月17日)

韓お母様の神になりたいという欲望の故、2013年2月22日(天暦1月13日)の基元節は、偽基元節となってしまったことがわかりました。

しかし真のお父様が3度戴冠式を行い、全世界に後継者、相続者として宣言された文亨進様は、文國進様との間でなされたアベルとカインの一体化の基台の上で2代王に即位することで基元節を成就することができました。
つまり真のお父様を中心として、アベルカインが一つになったところに神の国の基礎、神の国創建の基元があるのです。

​2015年、天暦7月17日、陽暦では8月30日にお父様の聖和3周年を終え、真のカインとして立てられた文國進様が真のアベルとして立てられた文亨進二代王に王冠を被せて差し上げ、神様と真のお父様を中心としてカインとアベルが完全にひとつになることにより、この基元節の勝利が成されました。

「2代王がその位置に就くことで基元節は成りました。神の直接主管圏が確立したのです。
しかし神様の祝福を通してではなくむしろ審判を通して神の国を迎えなくてはならなくなりました。
韓お母様と異端に堕した教会が神様を裏切ったからです。
その罪に応じて彼らも裁きを受けることになるでしょう。」(2016年8月20日 文国進様)

 

 

※資料(二)3-7 2016年8月20日 文国進様
『真の基元節について』

(家庭連合によって行われた)基元節の問題は、明らかに、お父様が基元節に望まれた形と異なったものになってしまったことです。本来、基元節は霊界と地上界が一つとなり地上が神様の直接主管圏にはいるというものです。しかし基元節に私たちが実際に目にしたものは韓お母さまがお父様の王位を簒奪(さんだつ)し、その後継者の地位を奪う姿でした。結果としてお母様は神様とその相対圏との間に立ちはだかる存在になりました。

その結果、基元節に霊界と地上界が一つになることができませんでした。そこで真の基元節は延長せざるを得ませんでした。つまりお父様の真の後継者が王位につくまで延長されたのです。そうなることによってはじめて父と子の縦的主体的関係が確立したのです。

2代王の即位によって基元節は成就したということです。もしお母様が自分の血統を放棄しても再臨主の血統を重んじるというエバとしての責任分担を果たしていたならば、神様の祝福を通過して天国を創建することができたでしょう。

ここではっきりさせておかなければならないことは、神の国創建の基元は韓お母様と何の関係もないということです。神の国創建の基元は、一つとなったアベルとカインの基台にあるのです。お父様を中心としてアベルカインが一つになったところに神の国の基礎があるということです。

ここでお母様の役目は神の国を祝福と共にもたらすか、それとも神の審判と共にもたらすかのどちらか選択することでした。韓お母様の問題は、お父様の指示を無視して、お父様の選んだ後継者を排除することで天国創建のために神様の審判を通過しなければならない道を選択してしまったことです。

お父様が3度、戴冠式を行ったのです。
しかも全世界の前で。
その内の2回は1日の内に成されました。そうすることで後継者、相続者が誰でありすべての基盤を譲り受ける者が誰であるのかを満天下に表されたのです。そこではお母様といえども2代王の対象として。その周りを回らなければならなかったのです。

彼(文亨進)がお父様のすべての基盤、統一教会の全資産を相続する正統な後継者であることに議論の余地などないのです。アベルカイン一体化宣布は神の国建設の必須条件です。

お父様のみ旨を中心に兄と弟が一つになるという摂理的に鍵となる使命を成就することです。そこを基台としてお父様は神の国の到来を宣布することができました。ご自分の神様との一体化、神の愛の理解をそこを中心にして次世代に継承させることができるからです。

まさにアダムはそれができませんでした次世代に伝えることができなかったのです。次世代もサタンに奪われてしまいました。イエスキリストは霊的救いを継承させることはできましたが、自身の直系を残すことができませんでした。
お父様は再臨主としての御自分の使命を使徒でもある御自身の息子に引き継がせることができた歴史上初めての人物です。そこが歴史上稀有な点でしょう。

2代王がその位置に就くことで基元節は成りました。神の直接主管圏が確立したのです。しかし神様の祝福を通してではなくむしろ審判を通して神の国を迎えなくてはならなくなりました。韓お母様と異端に堕した教会が神様を裏切ったからです。
その罪に応じて彼らも裁きを受けることになるでしょう。

 

 

※資料(二)3-9 <韓国聖殿>2016年6月5日に宣布された内容 /シャボン玉のブログ
『今年の聖和4周年は基元節1周年記念と共に執り行われる』

家庭連合で聖酒式を行った6月5日に、
韓国の李相烈協会長が下記のように公示をされました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<2016年6月5日  第54回真の万物の日 李相烈協会長の公示>

お父様はお母様に2013年6月​まで3%の責任があると話されました。
この3%の責任が何かというと、今日み言葉をくださったように神様はこの地上にお父様を送られるときに真の精子をもって送られ、その真の精子によって完成されたお父様の血統に、結実が誰かというと、文亨進二代王であられます。

その日、お母様は真の血統を立てられたならば、文亨進二代王を立てられたならば、
その日、真のお父様を中心とした神様の摂理はその基元節に勝利として記録されて、
その日からこの地には真のお父様の聖霊の役事により驚くべき天一国の役事が展開されていったことでしょう。

しかしその日、お母様はお母様ご自身を女王に登録され、全ての子女様たちを外に追い出されました。そして、お父様の血統を立てられるのではなく、お母様の血統をそれ以降には立ててこられました。

それゆえ、2013年1月13日、お母様が真の母としての権限から外れた日は、まさに2013年1月13日となります。

そして、お父様があれほどに立てられたかった基元節は、​2015年、天暦で7月17日、陽暦では8月30日にお父様の聖和3周年を終え、続けてこの行事が成されました。
その日、真のカインとして立てられた国進様が真のアベルとして立てられた文亨進二代王に王冠を被せて差し上げ、神様と真のお父様を中心としてカインとアベルが完全にひとつになることにより、この基元節の勝利が成されたというみ言葉をくださいました。

よって、今年、(天暦)7月17日にあたる(陽暦)8月19日は、真のお父様の聖和4周年と共に基元節1周年の記念行事を実施すると、今週の国際会議でお話がありました。
それゆえ、今やはっきりとその線が引かれたということを食口の皆さんは知らなければなりません。

そして今日(6月5日)、家庭連合では家庭連合の全ての祝福家庭に聖酒を再度飲ませ、お父様の権威に戻った祝福家庭たちを、再び堕落の道へ引き連れて行こうとする日でもあります。そのため、今日この宣布をするのです。

これからは、私たちが最も肝に銘じなければならないことはお父様の血統です。
血統。私たちがお父様から血統を相続したということは、お父様がくださった聖酒を通して、祝福を通して私たちに真の血統が与えられたのです。

ですから、この血統を守るか守らないかは私たちの責任です。
ですから私たちはその責任を、私たち自身が勝利的に果たし、私たち自身が天一国の主人として不足のない息子娘にならなければならない、ということをお伝え致します。

関連記事

  1. (一)家庭連合の現状

  2. ⑨韓お母様と肉的堕落問題

  3. ②へびの誘惑

  4. ②先祖解怨210代の疑問

  5. ⑤束草事件と、文顯進様追い出し作戦

  6.  ③天一国時代(統一教会)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

にほんブログ村