パーティー券問題、東京地検特捜部の狙い

【討論】政変?どうなる日本の政治[桜R6/1/16] より

59:33~

まず戦後の構造的な対米従属。
これは岸田さんのせいじゃないです。
これは脈々とそういうことになってる。

その部分と今回の特捜部の動き、
これは明らかに岸田政権、岸田自民党に対するいわゆるマウンティングなわけです。

特捜部ってどういう組織かって言ったら、本来犯罪は警察が捜査して起訴するわけです。
特捜部というのは政治家に関するものから、経済事件で1億円を超えるもの、これを特捜部が自分のやりたいものを選んで、勝手に独善的に自分の判断でターゲットを絞り込んだ上で、着手するかしないか、いつするのかも、全部特捜部が勝手に決めるわけです。

それ以外の犯罪を普通の都道県警がやってる。

特捜部は犯罪を捜査する、犯罪を摘発していい社会を作るために活動してるんじゃないということなんです。
まずそれをはっきり分かってなきゃだめ。

その上で彼らは何なんですかって言ったら、彼らの前身は隠退蔵物資事件捜査部。
これ1947年にGHQの下で作られた、日本の財物をアメリカにお届けするために、例えばダイヤモンドとか金塊とか、そういうものが隠されてませんかというのを探す組織として発足したのが東京地検特捜部なんです。
隠退蔵物資事件捜査部、これがそのまんま特捜部なんです。
イコールGHQの下にいたんです。
その体制がそのまま残ってる。

ロッキード事件って、コーチャン証言で弾けて、当時の特捜部長、副部長が頻々とアメリカに行って、アメリカの指示通りに行われた。
今回同じことが行われた。
彼らが恣意的に捜査対象を選んだ。
これはパーティー券の、ノルマを超えた部分のキックバックに彼らが勝手に絞ったんです。
中抜きやらないって言うんだからおかしいでしょ。
中抜きの方が悪質なんだから、元々派閥に入れてないんだから。

でもそれは清和会がキックバックていうシステムを、これ森さんがやれって言ってやってたんですはっきり言えば。
それを安倍さんが領袖になった時に、まだこんなことやってんのって言ってやめさせようとした。
やめさせようとした時にそのやめる係、やめる声かけをする係だったのが実は西村康稔さんなんです。
やめさせる側だった、それが安倍さん死んじゃって、やっぱ 元に戻そうよって言った時も事務総長やってたから。
彼は安倍さんの意思だからって言って突っぱねるだけの力がなかったってことなんです。

じゃあ特捜部が派閥のパーティーじゃなくて、例えば岸田文男は大臣規範で、大掛かりな政治資金パーティーは自粛しましょう、閣僚はやめましょうという大臣規範があるにも関わらず、去年1年間で6回、1000万円超の政治資金パーティーをやってるんです。
林芳正に至っては8回もやってる。
こっちはいいんですかって話。
こっちはノルマ超えた分どうなってんですか。
現金どう扱ってんですか。
これ何にもわかんないまま派閥のノルマ超過分のキックバック。
これは清和会をターゲットにするという東総部の恣意的な、いわゆる清和会潰しです。
間違ないです。

だとすると、じゃあなんで今そういうことやってんの。
これ統一教会騒動と全く平仄が合ってるわけです。
ということは特捜部は清和会を潰す、弱体化するという目的を持って今回の操作を着手したことは間違いないです。

じゃあなんでこのタイミングなんですかっていうことは、これは皆さん意見分かれると思うけれども、僕はこの2月19日に総理官邸でなぜか、終戦も、休戦も、停戦もしていないウクライナに関して、ウクライナ復興支援推進会議というのが総理官邸でセットされてるわけです。
これで何兆円、10何兆円ものウクライナ支援を決めるんです岸田は。
バイデンにやれって言われたから。

ところが支持率が下がって解散打てなくなったから、そこでマウンティングする必要が出てきたわけです。
これノーって言ったらお前逮捕するぞと、清和会をスケープゴートにして、岸田派、茂木派、麻生派。
お目こぼしというのは逆に言えば、牙向いたら清和会みたいになるぞということ。
そうじゃないですか。

だとすると僕はこれは2月19日のウクライナの復興支援会議があるからこそ、それをより特捜部とその背後の、簡単に言えばアメリカのバイデン政権です。
その彼 らが納得できる形を、弱体化した岸田政権の中でも、それを現実に10数兆円出させるためのマウンティングだと。
そうでない限り、これだけ騒いで、いろんな情報をリークして、結局政治家の逮捕1名。
大山鳴動してネズミ1匹だとすれば、これ普通に考えれば特捜部の大失態だと言われるはずなんです、本来。
でも大失態じゃないんです。
目的はウクライナの復興支援だから十分目的は達した。
それで彼らはカードを温存したわけです。
復興支援会議に巨額支援に反対するやつは。

今回だってほとんどの政治家が派閥に入ってる政治家が全員、少なくとも秘書、地元の秘書、政策秘書、会計担当者、何回も何回も呼ばれたんです。
丸裸にされたんです。
ということは彼らのマウンティング終了。
これは外国勢力の先兵となってるのが、東京地検特捜部という売国奴集団だということ。
僕はっきりそれ申し上げたい。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 桜の会スクープ、中国外相尖閣問題暴言に同じ黒幕!?

  2. 日本にうごめく赤い企み・沖縄編

  3. 東京都とんでも政策 「外国人起業家にも無担保1500万円融資」

  4. 中国軍が尖閣奪取、詳細なシナリオが明らかに

  5. 習近平国家主席の国賓待遇来日をまだ諦めきれない日本政府の愚行

  6. 総員22万人以上!!「中国系ハッカー集団Tick」の脅威!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ウクライナ戦争の原点、ソ連崩壊後の非人道的アメリカの対ロ政策

    2024.04.10

  2. プーチンが語るアメリカを陰で動かしている力

    2024.04.07

  3. イスラエルを狂気に駆らせた捏造記事!?

    2024.04.06

  4. 今も変わらぬバイデン40年前のエピソード

    2024.04.03

  5. ウクライナ戦争の裏の顔

    2024.03.21

姉妹サイト