ウクライナ戦争の原点、ソ連崩壊後の非人道的アメリカの対ロ政策

8:49
1993年からクリントン政権は、対露政策で大失敗したんです。
当時のエリチンってすごく間抜けで、アメリカはロシアの経済改革を支援してくれて、ロシアが西側の自由主義国のグループに入れるように助けてくれるだろうと思ってしまったのです。
ところがクリントンが指名した財務長官のロバート・ルービンと副長官のローレンス・サマーズは、全くそんなこと思っていなかったのです。
ロシアは弱い立場に立たされた、今こそロシアを食い物にして、ロシアの自然資源、ロシアの国富を奪うチャンスだと考えた。
そういう意図をもってショックセラピーと言われる急速な民営化を押し付けたのです。
この急速な民営化っていうのはものすごい犯罪行為で、急速な民営化をやることによって、93年から98年までにロシアのGDPは半分になってしまったんです。
しかも1996年か97年にベレゾフスキーというロシアの金融業者がいて、そのベレゾフスキーは今のロシアを支配してるのはエリチン政権ではない。今のロシアは7人の金融業者が支配しているとオープンな場で言ってました。マスコミの前で今のロシアを支配してるのはエリチンじゃない、俺たち7人の金融業者が支配しているんだと言っていました。
しかもその7人のうちの6人は、イスラエルのパスポートを持つ人たちだったのです。
当時ロシアでイスラエルにすぐ移住する資格を持つ人たちは、人口の1%だったんですけれども、なぜか不思議なことに、7人の金融業者がロシアを支配してるとベレゾフスキーが言った時に、そのうち6人はイスラエルのパスポート持つ人だったんです。
それと同時に当時のロシアの金融市場、特に国際市場を牛耳ってたのは、ゴールドマンサックスなんです。
それでジョージソロスなんかも大儲けしてたわけです。
要するにアメリカ政府がエリチン政権に押し付けた、経済民主化という美名をつけたショックセラピー、急速な民営化は、ごく一部の人間だけが儲かる仕組みだったのです。
当時のロシアの自然資源ってすごかったんです。
石油にしても、金にしても、鉱山資源にしても、天然ガスにしてもものすごかったんです。
こういう巨大な国有資産を民間に売り渡したんですけれども、その民間に売り渡した価格が、その自然資源の資産の実質たった2~3%の価格で売り渡したんです。
表面的にはオープンビディングと言って、公開買い付けを行い、自然資源を買う競売をやってたように見えるんですけども、最初から誰が勝つかは決められてたんです。
しかもオリガルヒと呼ばれる自然資源を全部手にした連中は、実質的な資産価格の2~3%の名目価格で売り出されたものを、その2~3%の株を買うお金も銀行から借りればよかったんです。
銀行もほとんどの銀行は、イスラエルのパスポートを持ってる人たちにコントロールされてる状態でしたから、自分ではお金を持ってない連中でも自然資源を買えたんです。
急速な民営化の競売に参加した人たちというのは、巨大な何兆円、何十兆円もするような自然資源を、2~3%の価格で買い取って、しかもその2~3%の価格っていうのは、短期に銀行から借り入れた自分のお金じゃないんです。
だから全然お金持ってないベレゾフスキーとか、ロシア最大の石油成金になったホドルコフスキーとかは、元々全然お金を持っていなかったのが、コネを使って、短期的に銀行から借りて、形だけの公開買い付けを行って、2~3%のお金を払う約束をしただけで、巨大な資産を全部自分のものにしてしまったんです。
その一方ロシア人1人当たりの毎年の国民平均所得は半分になってしまった。
しかもあろうことかエリチン政権は、もうお金がないからという理由で、老人に対する年金と医療保険を廃止してしまったんです。
そうしたらどうなってしまったかと言うと、1987年にはロシア人男性の平均寿命は67歳だったんです。
ところがこのショックセラピーと経済改革、経済民主化を進めた結果、その9年後には57歳になってしまったんです。たった9年か10年で平均寿命が10歳も下がった。
平均的な男性の寿命が57歳ってこれ画期的です。
アフリカの最悪の国だって平均寿命は57歳なんてありません。
なんでかと言うと、ロシア人、特に男性は、餓死したり、病死したり、アル中になって死んだり、自殺したりで、何百万人も死亡したんです。だから平均寿命が10年間であっという間に10歳も縮んだんです。
17:10

1999年の9月にフリッツ・エアマン氏というCIAのロシア担当の最高主席、ナンバーワンが、アメリカ政府はこんなに腐敗してると、アメリカの連邦会議で公開の証言をやってます。 22:45
少なく見ても30兆円、多く見れば60兆か70兆のお金がウォールストリートとアメリカの不動産業者に流れ込んでると。しかも彼はアメリカのマスコミも利益を得ていたと。それから民主・共和両党の政治家も利益を得ていたと。
急速なロシア資産の民営化で、もちろん大量の利益を得たのはイスラエルのパスポートを持つロシアの金融業者です。
当時クリントン政権の後半期に、世界で最大量のマネーロンダリングを行っていたのは、イスラエルであると言ってるんです。
そうするとロシアの巨大な自然資源を乗っ取って、一角千金で何十兆何百兆もの利益がイスラエルに持ち込まれて、イスラエルでマネーロンダリングしてアメリカに流れ込む。
クリントン政権とはこういうことやってたんです。
24:25

  • コメント: 0

関連記事

  1. アメリカ大統領選挙総括 1月6日米議事堂で何が起きたのか?

  2. ウクライナ戦争の裏の顔

  3. 次々明らかになる不正選挙動かぬ証拠、潮目が変わった12月3日ジョージア州公聴会

  4. トランプから視る世界支配者達の争い

  5. まだまだ終わらない アメリカ大統領選挙最新の動き

  6. バイデン次期政権(仮)の正体!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. アメリカ経済の猿真似をするは日本の自滅行為

    2024.05.18

  2. 森永卓郎氏が命がけで伝えたいこと

    2024.05.01

  3. ウクライナ戦争の原点、ソ連崩壊後の非人道的アメリカの対ロ政策

    2024.04.10

  4. プーチンが語るアメリカを陰で動かしている力

    2024.04.07

  5. イスラエルを狂気に駆らせた捏造記事!?

    2024.04.06

姉妹サイト