流出した中国共産党員名簿とハニートラップ

・共産党から195万人分の党員データが流出。

・入手した中国共産党員のデータをもとに、多数の党員が上海にある各国の領事館や海外企業に勤務している実態が分かった。

・上海にあるオーストラリア、アメリカ、イギリス、ドイツなど少なくても10の国の領事館など、外国公館が上級専門職や秘書、経済政策顧問などとして共産党員を雇用しているか、過去に雇用していたことが分かった。

・職位が低かったとしても、安全保障上のリスクとなり得る。

・中国の女性スパイが民主党下院議員を籠絡

・今年のアメリカ大統領選、民主党指名争いにも出馬したスウォルエル下院議員が、中国の女性スパイに籠絡されて情報収集に協力していた。

・スウォルエル氏は、アメリカ政府の機密情報に触れる機会の多い、下院情報特別委員会にも所属している。

・問題のスパイはクリスティンファン、別名ファンファンと名乗る20~30代の中国人女性で、留学生としてサンフランシスコ近郊にあるカリフォルニア州立大学イーストベイ校に通っていた。

・ファン氏の正体は中国国家安全部の工作員で、2011~15年にかけて、西海岸を中心にアメリカ各地で政治家や地方都市の首長たちと交流を深め、アメリカ国内に親中世論を作るための工作や情報収集を行っていた。

・ファン氏は収集した情報を、サンフランシスコの中国領事館の工作責任者に報告していた。

詳しくは動画をご覧ください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
  • コメント: 0

関連記事

  1. 「反中勢力」把握へSNSを監視 海外に拡大する言語統制

  2. 危ないアプリを掲載 中国・習近平の「情報戦略」本当の狙い

  3. 中国が新型コロナ「封じ込め」より重視する「プロパガンダ大作戦」

  4. 日本の保守層を狙う中国のサイバー部隊「五毛党」 ソフトイメージでだましつつ「チベットの弾圧はウソ」「安倍支持だけど…」

  5. 中国当局が関与!?新型コロナ「人工ウイルス」証拠論文が“消滅” 超エリート教授が迫った「2つの研究所」と「ウイルス流出説」

  6. 「ウイルスは武漢研究所から漏れ出した」“トランプの天敵”ワシントン・ポストも擁護した「幻の論文」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 橋下氏が市長時代のメガソーラー計画批判に反論

    2022.05.19

  2. 今こそ読むべき 五箇条の御誓文

    2022.04.15

  3. 脱電力のすゝめ ~エネルギー問題はこれで解決!~

    2022.03.30

  4. 日銀金融緩和で刷られた円の行き先は日本企業でも日本国民でもない

    2022.03.23

  5. マスコミでは語られない、ウクライナ危機の本質

    2022.03.01

姉妹サイト