中国版GPS“ベイドゥ”の脅威と政治家も知らないRCEPの危険性

・北斗(BeiDou)ナビシステムが作る中華監視社会

・今年6月30日最後の衛星が打ち上げられ、北斗(BeiDou)ナビシステムが完成した。

・世界のどこにいてもGPSを頼りにせずに、自分の位置が割り出せるようになった。

・0.5mの誤差で無人攻撃用ドローンの操縦も可能に。

・北斗ナビゲーションシステムで、ミサイルDF-17、上空に打ち上げてから低空を滑空することのできるマッハ6.2のスピードのミサイルを、障害物を避けながら目標物に命中させることができるようになる。

・戦争で要人を狙う時は今までは建物を狙うしかなかったが、これからは要人をピンポイントで狙うことができるようになるだろう。

・RCEPの締結により、ファーウェイを排除することもできなくなるかも。

・一旦中国製端末を使うようになると、個人情報を把握され、現在位置を把握され、追跡も可能となり、パスワードを把握され、盗聴・盗撮も可能となり、メールやデータの送受信記録を把握されるようになる可能性がある

詳細は動画をご覧ください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
  • コメント: 0

関連記事

  1. 習近平も焦りまくる…いよいよ世界中で「中国アプリ」排除が始まった!

  2. 活発になる法定通貨のデジタル化 先行する人民元

  3. 習近平もうろたえる…日米による「IT企業排除」で中国経済は大ピンチへ…

  4. トランプ「WHO拠出金停止」、習近平「高笑い」――アフターコロナの世界新秩序を狙う中国

  5. 土地・学校・農業… 北海道中国の浸透工作の現状

  6. WHOだけじゃない、「国連の上級幹部職」を続々と手中に収めて…「新型コロナ」から見えた中国の“野望”

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ウクライナ戦争の原点、ソ連崩壊後の非人道的アメリカの対ロ政策

    2024.04.10

  2. プーチンが語るアメリカを陰で動かしている力

    2024.04.07

  3. イスラエルを狂気に駆らせた捏造記事!?

    2024.04.06

  4. 今も変わらぬバイデン40年前のエピソード

    2024.04.03

  5. ウクライナ戦争の裏の顔

    2024.03.21

姉妹サイト