新型コロナ問題に関して、日本一のマーケターのクライアント向け私見

新型コロナ問題に関して、日本一のマーケター神田昌典氏のクライアント向け私見

新型コロナ問題に関して、
私のクライアント向けに発信した現時点での見解を共有します。

あくまでも私見ですから、これをきっかけに、
経営者や指導者の方々は、自らのご意見を形成し
最善策のご検討をお願いします。

■ 新型コロナ問題は、長引きます。

変革のクライマックスが、はじまりました。

認めたくはありませんが、
新型コロナが、社会変革の引き金を引いたのです。

世の中は、3月末までは、恐れが恐れを呼ぶ状況ですので、
連日、報道では、ネガティブニュースで溢れます。
しかし4月になると落ち着いてきますので、
台風が過ぎ去ったかのように
多くの人が思いはじめるでしょうが…、

WHOによる終息宣言が、
東京オリンピック前に行われるというのは、
かなり楽観的なシナリオでしょう。

なぜなら、SARSのときに、初期患者が報告されてから、
終息宣言まで、約8ヶ月。
新型コロナは、SARSよりも深刻化しにくいものの、
感染力が高い可能性もあるので、普通に考えれば、
終息宣言が出されるのは、8ヶ月以上かかるとみるのが、
現実的です。

■ 東京オリンピックは、どうする?

私が、首相にアドバイスできる立場であれば――、
東京オリンピックの中止に向けて準備しはじめます。

なぜなら、たとえ、オリンピック自体が成功したとしても、
来冬に、新型コロナ問題が再燃したら、
全世界的に拡散した責任を問われるのは、日本になるからです。

そのように不名誉な国として語り継がれるリスクを犯すことは
未来の日本の子どもたちのためにも、回避しなければならない。

もちろん経済的に大損失となりかねないので、
ギリギリまで、客観的事実に基づいて
慎重に判断するのは、当然です。

しかしながら、指揮官は、
最悪を想定して、最善を尽くさなければならない。

だから4月に入っても、状況がネガティブであれば、
異次元のレベルの、大規模な財政出動を行い、
革命に匹敵するほどの、国家の再興戦略と、
消費税廃止を含めた経済政策を打ち出すタイミングです。

■ 経営者や指導者にとって、何を意味するのか?

挑戦する経営者や指導者にとっては、
このウィルスという目に見えない敵との戦いをきっかけに
未来からの潮流に乗り込む必要があります。

大きく2つの潮流があります。

ひとつは、反グローバリズムの流れです。
トランプが象徴的に取組んでいるように、
周辺に対して壁を築く流れです。

壁を築くというのは、断絶することを意味しません。
移動を制限された結果、ローカルの良き伝統が見直され、
それは結局、壁のうえ ― クラウドを伝って、
グローバルに広がります。

もうひとつは、当然、デジタル変革(DX)の流れです。
移動や人との接触に制限がかかりますから、
いままで対面で行うように規制・習慣化されていた、あらゆる活動が、
デジタルで済ませられるようにビジネス環境の整備が加速します。

具体的には、年間に何日休みがあろうとも、
社員がひとりも出社しなくても、
成長できるビジネスモデルづくりに、
今年、挑戦する会社が、2030年の勝者となります。

少し考えればわかりますが ――
もはや病院にいくこと自体、大きなリスクなのです。
具合の悪い人が、公共交通機関やタクシーを使うのも、リスクです。

遠隔診療が実用化されているのですから、
オンライン診断をおこない、刻々とモニターしていく仕組みは、
何の問題なく、できるでしょう。

ようは、挑戦するリーダーにとってみれば、
いままでの、やり方を思いきって 変える、革命の機会が訪れているのです。

■ 歴史的な英断をするタイミング

今回の新型コロナ問題は、中世のヨーロッパで、
黒死病(ペスト)が蔓延した社会情勢と重なります。

ペストの発生起源は、中国・雲南省だとされており、
それがヨーロッパに広がり、
3人に1人、地域によっては過半数が死亡。
当時の線画には、防御服とガスマスクをした医者が描かれており、
現在、報道されている武漢の医師の姿と似ています。

この黒死病は、社会変革を起こしました。
農民人口が大きく減った結果、農奴制が解体。
独立自営農民が現れ、これが産業革命の、遠い伏線となっています。

さらには既得権益だった教会への反発が大きくなり、
宗教革命も起こり、新しい国家体制が築かれたのです。

もちろん6世紀昔と同じレベルの深刻な状況が起こるはずもありません。
しかし、歴史を振り返れば、
感染症は、それほどの大変革の引き金となっているのですから、
経営者・指導者にとって重要なことは、台風が過ぎ去るのを待つのではなく、
果敢に変革へと乗り出すことなのです。

余談ですが、ペスト菌を発見したのは、日本の北里柴三郎。
ペストが蔓延していた香港に政府から派遣され、
6世紀もわからなかった、この病気の原因を突き止めたのです。
2024年発行される新札の肖像が、北里であるというのも不思議な偶然です。

この感染病の解決策は、日本人の医師によって見出されるのではないか、と、私は期待しています。

■ 変革への挑戦がカタチになるのは、3年後

変革がかたちになって、表にではじめるまでは、
まだまだ時間がかかります。

あああ、じれったい。

気ばかり焦りますが、私たちができることは、
とにかく、このコロナ騒ぎ後を見据えて、
その後に、大きく飛躍するための
未来のモデルづくりをこの機会に完成させることです。

具体的には、今秋までに、
あなた独自の、未来の核をつくるのです。

それが、新型コロナの危機を
チャンスに変えるための、
2030年からのメッセージです。

この難局を乗り越えるために、ともに戦いましょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
  • コメント: 0

関連記事

  1. 中国が新型コロナ「封じ込め」より重視する「プロパガンダ大作戦」

  2. 素材は大腸菌。空気中の湿気で発電するフィルムが開発される

  3. コロナ撲滅へ期待! ノーベル賞・大村教授のイベルメクチン ご本人も太鼓判

  4. 第1波の教訓が生かされない日本

  5. 「日本のマスク不足」と「中国共産党による出荷制限」の真実

  6. WHOもテドロスも、そして中国も「詰み」だ…米政府発表の重大な意味

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 台湾に現役防衛省職員派遣へ

    2022.06.17

  2. 今こそ検証! 拉致問題に本気で取り組む参議院議員

    2022.06.14

  3. 橋下氏が市長時代のメガソーラー計画批判に反論

    2022.05.19

  4. 今こそ読むべき 五箇条の御誓文

    2022.04.15

  5. 脱電力のすゝめ ~エネルギー問題はこれで解決!~

    2022.03.30

姉妹サイト