新型コロナ 常識の間違いとデータが示す予防法

○武田先生が調べた調査データ

・感染が飲食店を中心に始まっているというデータはありません。

・独自に調べたデータでは、感染源は8割は分かっていない。

・残り2割の内の1/5くらいが飲食店かもしれない。全体の感染のつまり4%くらい。

・全体の感染の4%と考えられる飲食店を自粛したところで、感染を止められるはずがない。

・全自治体が調査はしており、いずれも70~80%は感染源不明。

・調査をする人は、あなたはどこに行きましたねと聞く。

その時に電車に乗りましたか?スーパーに行きましたか?コンビニに行きましたかとは一切聞かない。飲食は何処に行きましたかと聞く。

・飲食店だけが人を特定できる。追跡しやすいから飲食店だけ聞いている。
 飲食店だけ閉鎖しても感染は変わらない。

・港区だったかの保健所の人がテレビで勇気ある発言「マスクをして、これだけ自粛しているのに感染が拡大するってことは、感染経路を間違ってんじゃないですか?」

○武田先生の意見

・一番大きいのが家庭での感染。家庭での感染を気を付ける。

・会見での話は、データに基づいていないものが多かった。
 思い込みの発言が多いように思えた。

・外に出るのは自分の体調が良い時にする。体調が良い時は免疫力が高い時なのでかかりません。

・体調が悪い時は免疫力も下がっているので、できるだけ人とは接しないようにする。

・お茶で新型コロナ無力化。1分で最大99%。
 データの裏付けも出てきた。

・入れるときにできるだけ熱いお湯を入れるとカテキンが多く抽出される。
 熱いお茶を飲むと、1分も経つとほとんど菌は無くなる

・最も効果が高いのは、茶葉からいれた紅茶。

詳細は動画をご覧ください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
  • コメント: 0

関連記事

  1. 二階氏ら「親中派」を封じ込み、安倍首相はコロナ感染拡大の“戦犯”WHOへの拠出金停止を検討すべきだ!

  2. トランプ「WHO拠出金停止」、習近平「高笑い」――アフターコロナの世界新秩序を狙う中国

  3. 習近平も怯える…アメリカは「コロナの元凶・中国」を絶対に許さない

  4. 「地球の反撃?」新型コロナ拡大後に中国上空の大気汚染濃度が減少

  5. 貴き祭物“志村けん”

  6. 「困っているときに助ける友が本当の友」日本、中国にマスク100万枚空輸

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ウクライナ戦争の原点、ソ連崩壊後の非人道的アメリカの対ロ政策

    2024.04.10

  2. プーチンが語るアメリカを陰で動かしている力

    2024.04.07

  3. イスラエルを狂気に駆らせた捏造記事!?

    2024.04.06

  4. 今も変わらぬバイデン40年前のエピソード

    2024.04.03

  5. ウクライナ戦争の裏の顔

    2024.03.21

姉妹サイト