最終回、イエス路程を踏襲した真のお父様の路程、「再臨主を中心とする復帰摂理」

今回姉妹ブログへの投稿内容を、6回にわたってPDFファイルにまとめたまとめファイルの配布を行いましたが、今回7回目で最終回を迎えました。

最終回はイエス路程を踏襲した真のお父様の路程、「再臨主を中心とする復帰摂理」についてです。

真のお父様は生きてイエスの十字架を超え、イエスが成し遂げることのできなかった真の家庭を築き、弟子たちにも祝福を与え、その権能さえも付与することに成功しました。

イエスはたった3年間の公生涯で十字架についてしまった為、その救いの恩恵はイエスの十字架を信じることによる霊的救いのみに限定されてしまいました。

しかし真のお父様は、生きてイエスの十字架を超えて、実体的に数々の勝利的基盤を打ち立てられ、90年の生涯を全うされましたから、イエスの路程を超え、人類史上初の路程を歩まれたと思っていました。

何度も死の境地を生きて超えられ、数々の勝利圏を確立されましたから、その生涯はイエスの生涯を超えて、人類史上誰も歩んだことのない未開の路程を歩まれてこられたのだと思っていたわけです。

しかし今になって改めてイエス路程と真のお父様の路程を比較してみると、そこには見事なまでのシンクロが見られ、真のお父様は90年かけてイエスの33年の人生を見本として、同じような路程を歩まれていたということが分かりました。

もちろん教会ではそのような解説をされる方はなく、ただただ勝利者として証しされるばかりですので、異端的解釈ととらえられるでしょうが、真のお父様の90年の生涯にプラスして、今日に至るまでの路程は、まさしく33年のイエスの生涯と、霊的復活以降の路程を見本として、摂理は進んでいるとしか思えない内容が多々あるのです。

是非一度ご自身で確かめて判断いただければ幸いです。

ダウンロードサイト
「再臨主を中心とする復帰摂理」

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
  • コメント: 0

関連記事

  1. み言と原理で解明真の後継者 ~水瓶座の時代と真の後継者~

  2. 新解明 韓お母様の天一国創建

  3. 新解釈 文鮮明氏6度の受難

  4. サタン国家日本、罪の呪縛からの解放

  5. 情報統制!? それとも単なるトラブル?

  6. 統一教会は何故3つに分裂したのか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国の反日と、韓国の反日の違い

    2022.01.28

  2. 天安門事件から始まった反日中国

    2022.01.27

  3. 中国対日政策の原点『百年国恥』

    2022.01.26

  4. 維新の会の正体

    2022.01.25

  5. 『選民の歴史キリスト教編』で明らかにしたこと

    2022.01.18

姉妹サイト