魚座満月2020年9月2日 最大規模の浄化で地の時代に感謝とお別れを

魚座満月2020年9月2日 最大規模の浄化で地の時代に感謝とお別れを

2020年9月2日14時22分に魚座で満月を迎えます。

今回の魚座満月は風の時代に向けてとても重要なキーワードになっています。
魚座は十二星座で一番最後の星座となり、キーワードは浄化、古い価値観を手放して本来の自分に戻ることを意味しています。
本来の自分に戻るとは、自分を知り自分と一致するということ。自分とつながり自分への理解を深める絶好のタイミングとなっています。

9月に訪れる二極化、そして12月から始まる風の時代に向けて、魚座の力を借りてそぐわないものを手放していきましょう。
地の時代で蓄積されてきたもの、思い込みや古い価値観、常識などを手放す準備はできましたでしょうか?

物質的なものは捨てることで目の前からすぐに無くすことができますが、長い間に根付いている思考や考えは何度も繰り返し手放し、浄化が必要になります。
風の時代を迎えるにあたり、地の時代での感情・思考、そして潜在意識を魚座のエネルギーを活用して切り替えていきましょう。

今回の魚座満月での浄化は、個人レベルでの浄化はもちろんのこと、それを上回るスケールで社会レベル、地球レベルでの浄化となります。

ホロスコープ上で地のエレメントである牡牛座・乙女座・山羊座の三つの星座が、正三角形を描きグランドトラインとなっています。これは地の時代が完了を迎えたと見ることができるでしょう。
そしてこれらの地のグランドトラインを動かすように、海王星に魚座が位置しています。
地の時代を締めくくる壮大な浄化によって現実が動くことを意味していると言えるでしょう。

では改めて魚座がどのようなエネルギーを持っているのか見てみましょう。
魚座には浄化、リフレッシュという力が備わっています。
日常生活で入ってくるものを整理できずに溜め込んでしまう、ネガティブな思いを溜め込んでいたり、必要のないものに囲まれて軽やかに生活できていないということはありませんでしょうか?

これからくる風の時代は、物の動きがより流動的になると言われています。
移り変わりの早い時代で、すんなりと移行するためにも、心と頭をスッキリさせたいところです。

そして今回は魚座のルーラーである海王星で満月を迎えます。
海王星のパワーも使って今後の人生でなりたい姿を想像してみるのもいいです。
例えばこれからの人生設計を考え治すために、ライフプランを書き出してみたり、今までの人生を見つめなおすためにも、これまでの人生の年表などを作ってみると、自分の棚卸ができ、自分と深く向き合うことができるでしょう。

また上手に手放しができないと感じている方は、ご自分の常識や思い込みや概念がどこから来ているものなのか、ルーツをたどってみてはいかがでしょうか?

目覚めと改革を促す天王星が第4ハウスに位置しています。
この第4ハウスの天王星が過去に作られた構造を意味しており、自分が生まれ育った家から受け継いできた常識や社会のルール価値感からの解放や自由を表しています。

あなたの中のしがらみやパターンはいつどこで作られたのでしょうか?
それを少し知ることで、手放しがより楽にできるかもしれません。

それでは魚座満月の過ごし方を見ていきましょう。
浄化も日常生活にどのように取り入れていったら良いのでしょうか?

魚座は水や海と相性がとても良いので、水に関係するところを綺麗にしておきましょう。
特にトイレ掃除、トイレは邪気の溜まり場です。常に綺麗にしておきましょう。
物や場所だけでなく、自分の心と体のデトックスにも意識を向けてみましょう。

ムーンウォーターをご存知でしょうか?
月のパワーが入ったお水のことですが、特に今回の魚座満月は、ムーンウォーターを作って飲むことをお勧めします。
感情面での浄化が期待できますので、心のデトックスになります。

ムーンウォーターの作り方ですが、ガラスの瓶またはコップにミネラルウォーターを入れて、窓辺において2時間以上月光浴させるんです。月の波動で満たされたムーンウォーターを飲むことで、体の中から宇宙のエネルギーを受け取ることができるでしょう。

そして水は浄化力が高まりますので、無意識に溜まってしまうネガティブなエネルギーを綺麗にし、ポジティブなエネルギーを受け取るスペースを作っておくことで、次のステップにすんなり移行できるようになるのです。

今回の魚座満月では、他に地のグランドトラインが関係する場所の浄化も行いましょう。
おうし座が支配するお風呂洗面所。
乙女座が支配する収納場所。
山羊座が支配する床も綺麗にお掃除してピカにしましょう。
そうすることでエネルギーを最大限に活用することになるので、必然的に現実がいい方向へ変わっていくでしょう。

これらのアクションは今回の魚座満月だけ行うのではなく、風の時代が始まるまでの間、継続して習慣化した方がいいでしょう。

今回の魚座満月は、前後の新月の流れからも風の時代への準備が始まったと見ることができます。
8月19日の獅子座新月と今回の魚座満月、そして9月17日の乙女座新月を一連の流れで捉えると、自己表現と行動、浄化と見直し、純粋な楽しさの追求となります。

自分がやりたいと思っていたことを自己表現するために、現場を見直して整理する、そしてやりたいことや生きがいを追求する暮らしを目指す、という流れを意識すると物事がスムーズに進むでしょう。

地の時代は所有することやお金など、物質的な豊かさに価値がありました。

工業化が進み、物が大量生産され、そのために労働者が必要となり、雇用が生み出されました。
そしてものを消費するために、お金が必要になりました。
競争社会となり、より良い学校や会社へ所属すること。
良い成績や評価を得て収入を上げること。
そして家や車、ブランド品など物を所有することに意識を向けていました。
より優れたものを追求することで、お金、利益を得ることが社会全体の目的となったのです。
そのおかげで素晴らしい技術やサービスが生まれ、私たちは便利な暮らしをすることができています。

しかし優れたものの追求よりも、目的がお金となり、過労死やブラック企業が社会問題にもなりました。
200年以上続いてきたお金の負の側面を全て浄化する意味で、今回の満月はお金のハウスである第2ハウスに魚座が位置しています。
お金に対する不安もしっかりと浄化し、手放していきましょう。

そして2020年12月からは風の時代が始まります。
風の時代は心の時代、波動の時代と言われています。

お金を得ることよりも、どれだけ良い人脈でつながっているか、どれだけ質の良い情報を持っているかが基準となります。
地の時代で作られてきた、溢れたものを自分だけのものにするのではなく、必要なときに必要な人とシェアする。
情報も自分だけ知るのではなく、こんなことがあったよと周りにシェアして伝える、それが風に乗って遠くまで運ばれ、物理的な距離や国境、文化を超えて広がっていくのです。

風の時代ではやりたい時にやりたいことができるようになり、行きたい時に行きたい場所に行けるようになると言われています。
それは良い人脈と情報により、つながりの輪がどこまでも広がることで現実化するのではないかと感じています。
そのつながりの軽やかさを体感するために、重い荷物はここで潔く下ろしてしまいましょう。

いかがでしたでしょうか風の時代への大転換期のため、今回の魚座満月はより重要なメッセージとなりました。
星座や惑星のエネルギーというのは計り知れないもので、少し意識をするだけで私達の人生の後押しをしてくれるのです。
今日はこんなエネルギーが降り注いでいるんだと意識するだけで、とても建設的に物事が進んでいきやすくなります。
またどんなエネルギーかを知らずに過ごしてしまうと、その時に限って物事が滞ったり想定外のことで慌てたりと、その時の選択と決断がよからぬ結果を招いたりもするものです。

新月・満月などの天体のエネルギーを活用することは、まるで電動自転車に乗るかのよう、少しの力でスーッと進むようなそんなイメージです。
ただしスピードをコントロールしたり、ハンドルを握るのはあなたです。
宇宙と足並みを揃えて、自分の人生のハンドルをしっかり握り、心地よいスピードで人生の旅を楽しみましょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
  • コメント: 0

関連記事

  1. コロナで国債発行額が過去最大に 現実味増す1946年以来の「預金封鎖」

  2. 2021年初夢①…新型コロナは3月には何事もなかったかのように消えてしまう。

  3. 国の借金、デジタル政府通貨の発行で大幅削減すべし

  4. 日経平均株価 一時700円超上昇

  5. 初夢③ 韓半島南北統一実現!

  6. 初夢②…日経平均史上最高値の5万円台突破。2021年は日本バブルの始まり。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 台湾に現役防衛省職員派遣へ

    2022.06.17

  2. 今こそ検証! 拉致問題に本気で取り組む参議院議員

    2022.06.14

  3. 橋下氏が市長時代のメガソーラー計画批判に反論

    2022.05.19

  4. 今こそ読むべき 五箇条の御誓文

    2022.04.15

  5. 脱電力のすゝめ ~エネルギー問題はこれで解決!~

    2022.03.30

姉妹サイト