日本は税金を使って、中国人留学生を受け入れ、ODAで援助していたが、その間中国は日本に向けて中距離弾道弾を配備していた。

今中国には中距離弾道弾が一番多いんですけど、それはほとんど全部が日本の各都市に向いてるんです。
日本は平和憲法とかがあるので、場所がわかっていても爆撃しません。
中国が何故中距離弾道ミサイルを開発したのか?
なんで核兵器を準備したのか?
中距離ミサイルはアメリカには届かないんですから、対日用ミサイルです。
今既に全部こうやって札幌から鹿児島までの各都市に向いてるんですよ。
これを承知の上で、対中国政策も切っていかなければいけないです。
中国の沿岸にずーっと並んでいるのは何故かというと、もちろん対日用なんです。
飛距離もだいたい2~3000キロメートルとか5000キロメートルまでの、アメリカには達しない、おそらくは核爆弾を先頭につけている弾道ミサイルが配備されている。
そのために中国が核開発をしてきたわけです。

だから日本人はまずは中国がこういう状態で日本をずーっとウオッチしながらやってきてるんだっていうことを、本当はNHKが指摘しなければいけない。
憲法議論なり防衛議論なりは、これを前提にやらなければいけない。

話は変わるが、地域別、国別の国費外国人留学生の数。
国費とは日本の税金を出して留学生を受け入れているということなんですが、国費で留学生を受け入れるなんて本当に必要なのと自民党の議員が言っていることなんですが、日本人の学生にこそ税金を使った方がいいんじゃないかと、産経なんかが言ってる、その一つの問題です。

武田先生は名古屋大学で教えていたので、この現場をよくわかってるんですけど、合計で9123人の外国からの留学生を、日本が国費で受け入れている。
アジアがそのうちの67パーセント、3分の2です。
これは特に間違ってはいないと思います。
問題は中国が一番多いってことなんです。
これは非常に問題、要するに中国は敵国なんです。
つまりミサイルを、常時日本の都市に向けて設置してある国の人たちを、日本の税金で教える必要があるのかってことなんです。

周りを見ていれば明らかにわかることなんですが、鉄鋼とかそういう重要なところに中国の留学生が入ってくるんです。
国費留学生だからちゃんとしてるわけです。頭もいいし素晴らしいんです。
優秀な学生を向こうで選考しますから。
大学院だけという場合もあるけど、そういう人たちが来て、6年間ぐらい勉強するんです。
そして帰ると、5年も経つと我々よりも偉くなるんです。
そしたら彼らに教えた教授が中国に呼ばれていくんです。
それで日本のことをちょっと講演して、お酒を飲んで、すごく満足して帰ってくる。
そういう統一した国策を持った中国に対して、我々はどうあるべきか。
ミサイルを常時日本に向けている国に対して、我々の税金で国費留学生を受け入れていいのか、文部科学省はどう考えてるのかって思います。
自分たちの子どもを殺そうとしてる国に、一番税金を使うということになってるわけです。
ずーっと長い間そういう結果となってしまっている。

次の表は日本から対中国に出しているODA、つまり海外援助。
ODAの対中国というのは、2008年までもしていた。
この頃全部ミサイルは日本に向いていた。
この頃まで中国に毎年約20,000$(約200億円、40年で合計3兆円)のODAを出していた。
例えば有名なところで言えば、北京空港ができたのは、全部日本のODAのおかげです。
ODAを出すなら、国費留学生を受け入れるなら、ミサイルは日本に向けないでくれと言うべき。
中距離弾道弾は、日本以外に向けるところないんだから。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
  • コメント: 1

関連記事

  1. 中国の狙いは尖閣だけでなく「沖縄強奪」!? 日本の省庁は対中国「国防計画」の策定を

  2. 中国の尖閣奪取作戦が始動、手本は韓国の李承晩

  3. 土地・学校・農業… 北海道中国の浸透工作の現状

  4. 買い占められる北海道 あの名作ドラマの聖地も

  5. 中国資本買収が80ヶ所 安保上重要な施設・離島

  6. アイヌ協会の背後に見える「主体思想(チュチェ思想)」と進む日本侵略

    • hide6500

    高1の時、学校のクラス全員で中国展に行ったことがあります。私はそこで毛沢東語録を買いました。それを読むと、中国が長期的に世界支配を狙っていることが分かりました。昔園田外相に、中国に騙されないようにと、手紙を書いたことがあります。ずっとずっと、中国は私の心配の種でありました。お父様が生きていらっしゃる間は、忘れていることができましたが、今はそれもできません。中国が、核ミサイルを1発ぶち込めば日本は簡単に降伏する、アメリカは手出ししない、と考えていることは間違いないでしょう。
    余談ですが、私の親戚は中国戦線で戦ったのですが、中国軍は少年兵を鎖で機関銃でつないで撤退したそうです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. アメリカ経済の猿真似をするは日本の自滅行為

    2024.05.18

  2. 森永卓郎氏が命がけで伝えたいこと

    2024.05.01

  3. ウクライナ戦争の原点、ソ連崩壊後の非人道的アメリカの対ロ政策

    2024.04.10

  4. プーチンが語るアメリカを陰で動かしている力

    2024.04.07

  5. イスラエルを狂気に駆らせた捏造記事!?

    2024.04.06

姉妹サイト