腹中教と平壌大同保安署の受難

2、1945年10月 解放直後の定州郭山支署収監事件

北側に行って、監獄に入って出てくるのが3度です。
3度まで監獄暮らしをしましたが、その時は、お金のために引っ掛かって入ったのです。貨幣問題のために引っ掛かったのです。それはお金に対する未練を、全部切るためなのです。一切を否定させるための神様の作戦でした。

3、1946年8月11日 腹中教と平壌大同保安署の受難

①大同保安署に拘束(1946.8.11)

聖主教団の使命を引き継いだのが許孝彬氏でした。
最初の金聖道氏はエバ的使命であり、許孝彬氏はマリヤ的使命です。
許孝彬氏の腹を通して啓示が伝達されたので、その集団を「腹中教」と言いました。
先生はその集団に人を送り許夫人に、「先生の集団が何であるか、祈祷して調べてみなさい」と言いました。
その時許夫人は、一つの大きな兆候を期待し、一人の若い男などには期待もしませんでした。
1946年6月、共産党は北韓全域において新しい宗教団体に対する弾圧を始め、許孝彬氏の集団が摘発されました。
そして1946年8月11日、その神霊集団の許孝彬氏ゆえに、文先生が引っ張られて入ったのです。南側から来たから、李承晩の手先と疑われたのです。

②腹中教徒釈放のための獄中措置

監獄に入ると、その教団全体に責任をもっていた黄元信という人がいました。それで私は「このようにして、許孝彬氏に早く出るように言いなさい」と言ったのです。しかし、信徒たちはいくら勧告しても聞こうとはしませんでした。
黄元信氏が釈放された後、許夫人の夫が先生の部屋に来たので同じ話をしましたが「自分は妻に従うつもりだ」と言い受け入れませんでした。
9月18日の朝、最後に先生自身が一通の手紙を許夫人に書きました。彼女は、その手紙を読んでから破いてしまおうとしたが、共産党の監視員に見つかってしまい、先生は拷問を受けました。

③釈放(1946.11.21)と腹中教の結末

監獄で拷問を受けて呻吟する時に、神様がその場に共にいてくれて、どれほど私を親しく愛しているか、死の境地で保護してくれた神様を感じたことがあるのです。
先生は韓国にいる米軍のスパイとして告発されて、ソ連の調査官によって尋問を受けましたが、無罪だということが判明し、11月21日に門の外に放り出されて釈放されました。
そのころ、大同保安署の回りをエリコ城のように7回まわれば先生に会えるという啓示を受けた弟子たちが、祈りながら回っていると、先生が放り出されてきました。その時の先生は、口も利けず、血を吐き、全身を殴られたため思うように動けず、とても生きた人間の姿ではありませんでした。
弟子たちは先生を教会まで連れて帰り、いろいろ治療を施し、漢方薬を飲ませ、手を尽くしましたが、ついに先生は意識を失ってしまわれました。そのような姿を見ながら弟子たちは、「これでは先生は死んでしまう。もうおしまいだ」と叫びながら泣いていました。
しばらくして、奇跡的に先生は意識を回復されたのです。先生が再び生き返ったことは、一つの奇跡でした。

④腹中教の結末

許孝彬集団の失敗のゆえに、1950年に韓国戦争が起きた時、彼らはすべて虐殺されました。許孝彬氏以下、すべての監獄にいた人々を、共産党たちが後退する時、連れていって全部虐殺してしまったのです。
その時の腹中教は、夫の李夢龍に再び会って解怨成就、解放される日を待ち望みながら、獄中で待つ春香の心情のような状況だったのです。
私はそのように伝道したのですが、私の話を聞かずにみな死んでしまったのです。
それゆえ、いつも謙遜な立場に立たなければなりません。自分をまず主張することは、危険なことです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
  • コメント: 0

関連記事

  1. 閔妃暗殺事件

  2. 神の摂理は一点に留まることなく常に流れている

  3. ④「関東大震災」

  4. 李氏朝鮮時代の朝鮮人

  5. 「主なる神の夫人」朴ウルリョンハルモニと興南監獄の受難

  6. 日本はサタン側国家などではなく、神の摂理に最も貢献した国家だった

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ウクライナ戦争の原点、ソ連崩壊後の非人道的アメリカの対ロ政策

    2024.04.10

  2. プーチンが語るアメリカを陰で動かしている力

    2024.04.07

  3. イスラエルを狂気に駆らせた捏造記事!?

    2024.04.06

  4. 今も変わらぬバイデン40年前のエピソード

    2024.04.03

  5. ウクライナ戦争の裏の顔

    2024.03.21

姉妹サイト