朝日新聞は「反社」の密接交際者か?!

・11月15日付け朝日新聞の5面に全面意見広告、「わたしたちは民意無視の強権に屈しない!破綻した辺野古新基地断念を。コロナ過の命と暮らしを守れ。」 沖縄意見広告運動(第11期)

・主催、沖縄意見広告運動代表世話人の一人が武健一さん。
 連帯労組生コン支部委員長、関西生コン代表者にして刑事被告人として逮捕された方。

・10月8日初判決、4件の威力業務妨害事件で実刑判決、懲役2年6ヶ月、執行猶予5年。刑事事件として懲役2年6ヶ月に対して執行猶予5年というのは目いっぱいの判決、つまりかなり悪質ですよということを裁判所が認定したことを意味する。

・今件は通常は刑事課で扱う案件だが、組織犯罪だということで、各府県警は組織犯罪対策課が担当、つまり警察は反社対応をしている。

・やくざがやっているようなことを労働組合という形でやっていた。
 警察は反社のように認定し、有罪判決を受けている。

・そういう人物が代表世話人を務めている団体の広告が何故朝日新聞に出せるのか?しかも全面広告で。
 朝日新聞の全国版全面広告は約3000万円弱必要。つまり朝日新聞は3000万円を受け取っている。
 つまり朝日新聞は「反社」の密接交際者か?!

・立憲民主党との関りはどうなるのか?
・武健一被告は辻本清美の大阪のお父ちゃん?!
 辻本さんは何も語らず。

詳しくは動画をご覧ください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
  • コメント: 0

関連記事

  1. 日銀金融緩和で刷られた円の行き先は日本企業でも日本国民でもない

  2. 安倍政権が産業界に「脱中国」を呼びかけても…コロナ感染でますます中国にのめり込む主要企業

  3. 財務省による言論支配

  4. 二階氏ら「親中派」を封じ込み、安倍首相はコロナ感染拡大の“戦犯”WHOへの拠出金停止を検討すべきだ!

  5. 森永卓郎氏が提言 メディアや有識者をコントロールして国民を洗脳する「財務省=ザイム真理教」の嘘と罪

  6. 「日本学術会議と中国科学技術協会」協力の陰に中国ハイテク国家戦略「中国製造2025」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ウクライナ戦争の原点、ソ連崩壊後の非人道的アメリカの対ロ政策

    2024.04.10

  2. プーチンが語るアメリカを陰で動かしている力

    2024.04.07

  3. イスラエルを狂気に駆らせた捏造記事!?

    2024.04.06

  4. 今も変わらぬバイデン40年前のエピソード

    2024.04.03

  5. ウクライナ戦争の裏の顔

    2024.03.21

姉妹サイト