まだまだ終わらない アメリカ大統領選挙最新の動き

・バイデン氏が獲得した票は8000万票を超えて史上最高の得票。
 トランプ大統領も7380万票、史上2番目の得票。
 オバマブームの時でさえ6500万票くらいしかなかった。
 投票数を合計すると有権者の1億6000万票にもなる。
 アメリカは有権者登録をしないと投票はできない。
 投票率が8割あったとしても、2億人もの有権者登録が無いとあり得ない数字。
 数字だけを見てもかなり盛っている数字に見える。

・シドニーパウエル弁護士は軍事弁護士。
 軍事法廷に参加でき、国家反逆罪を告発できる弁護士。
 トランプの法律チームと目指すところは一緒。

・選挙の集計システムを提供していたスマートマティック社の関係者は公聴会をボイコットし、ドミニオン社員はリンクドインに登録していたアカウントを一気に100人くらい抹消した。

詳しくは動画をご覧ください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
  • コメント: 1

関連記事

  1. 米大統領選ドミニオン不正証明される。トランプ大逆転のシナリオ

  2. 中国政府「尖閣侵入」予告の異常! …在日米軍「同盟国として100%守る」

  3. 日本はいつまでスパイ天国を続けるのか

  4. 第1波の教訓が生かされない日本

  5. 【衝撃スクープ】再エネ買い取り費用約5兆円のうち、2〜3兆円が中国に流れていた

  6. バイデン次期政権(仮)の正体!

    • TU

    日本にいても、トランプにとってネガティブなニュースばかりで、実際にアメリカでどうなっているのか全然わかりませんよね。
    日本のテレビのニュースでは、トランプの敗北は確定しているような事を連日流している一方で、
    何やらずっと揉めているような話も連日流れていますよね。
    敗北が確定しているのならこれ以上アメリカで揉める理由なんてないはずですが、
    ニュースで報道されている事と現実は全然違うのでしょうね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ウクライナ戦争の原点、ソ連崩壊後の非人道的アメリカの対ロ政策

    2024.04.10

  2. プーチンが語るアメリカを陰で動かしている力

    2024.04.07

  3. イスラエルを狂気に駆らせた捏造記事!?

    2024.04.06

  4. 今も変わらぬバイデン40年前のエピソード

    2024.04.03

  5. ウクライナ戦争の裏の顔

    2024.03.21

姉妹サイト