~アメリカは一枚岩ではない~ 日米関係から日本の針路を考える

~アメリカは一枚岩ではない~ 日米関係から日本の針路を考える

アメリカの保守政党共和党にも穏健派と保守主義者とがいる。

アメリカ保守主義者の代表的存在、フィリス・シュラーフリー女史は、日本で言うと櫻井よしこさんのような存在だが、江崎さんが会いに行ったとき歴史観について次のように言っていた。

「ルーズヴェルトはヨーロッパへの参戦を正当化しようとしていた人であり、真珠湾攻撃は参戦を国民に納得させるための切り札であったと私たちは受け止めています。」

戦争の責任はルーズヴェルト民主党政権にあると言っていた。

この歴史観は、フィリス・シュラーフリー女史一人の歴史観ではなく、アメリカ保守主義者たちの共通した歴史観だった。

もちろんアメリカでも民主党系の人たちは、日本がアジアを侵略したという歴史観を頑なに持っている人たちは多いでしょうが、マッカーサーをはじめとした多くの証言でも、ルーズヴェルトが日本を戦争に引きずり込んだということが証明されています。

残念なことに自虐史観に染まっている日本では、このような歴史観を持っている人はほとんどいませんが、これこそが第二次世界大戦の真実の歴史です。

当ブログでも、選民の歴史ユダヤ人編で、日本が第二次世界大戦に至る詳しい歴史を明らかにしていますので、是非一度ご一読いただければ幸いです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
  • コメント: 0

関連記事

  1. メシヤ再降臨準備時代

  2. GHQが行った日本人洗脳工作“WGIP:War Guilt Information Program”

  3. 日本を経て韓半島へ

  4. 大航海時代 北米大陸

  5. 近現代400年史概観詳細

  6. キリスト教による日本侵略

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 台湾に現役防衛省職員派遣へ

    2022.06.17

  2. 今こそ検証! 拉致問題に本気で取り組む参議院議員

    2022.06.14

  3. 橋下氏が市長時代のメガソーラー計画批判に反論

    2022.05.19

  4. 今こそ読むべき 五箇条の御誓文

    2022.04.15

  5. 脱電力のすゝめ ~エネルギー問題はこれで解決!~

    2022.03.30

姉妹サイト