新型コロナワクチン重いアレルギー症状とコロナ変異種

・米 重いアレルギー症状が6例 ファイザーワクチン接種後

・アメリカで19日までに27万2千人がワクチンを接種、アナフィラキシー症状が6例報告された。

・アメリカ感染局(CDC)発表の公式データでは、18日までに112807人のワクチン接種者に対し、副作用は3150人。
 副作用とは、毎日の生活が通常にはできない。仕事ができない。医者かヘルスケア―で注意をしろと言われたという3ケース。

・日本政府は国民にワクチン接種を呼びかけるからには、できるだけ正確なデータを出すべき。

・放送法第4条では、ワクチンについては安全サイドのデータと危険サイドのデータの2つを必ず出しなさいというのがNHKに対する法律。

・ワクチンの接種は個人が判断しなければいけない。
 個人が判断するためにはできるだけ正確なデータを示しておくというのが大事。

・通常の他のワクチンを比べた場合、通常くらいか少し多いくらいの副作用。

・ワクチンは病気をある程度抑えると同時に危ないものでもある。
 普通医者が自分の子供にはワクチンを打つのを迷うくらいのもの。

・インフルエンザワクチンは1年に5000万人が注射して、インフルエンザ患者が推定2000万人、病院に行く人は1000万人。

・ワクチンは万能ではないと同時にアレルギーが出るものというところがつらいところ。それはまだ克服できていない。
 今回のワクチンも同じくらいかなとみている。

詳細は動画をご覧ください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
  • コメント: 0

関連記事

  1. コロナ撲滅へ期待! ノーベル賞・大村教授のイベルメクチン ご本人も太鼓判

  2. 中国が新型コロナ「封じ込め」より重視する「プロパガンダ大作戦」

  3. 習近平も怯える…アメリカは「コロナの元凶・中国」を絶対に許さない

  4. 著名キャスターの“反乱”で発覚! 中国人75%が「新型コロナは人工的ウイルス」 習政権の“世論操作”にも物議

  5. コロナでイベント中止、政府に補償求めるのは筋違い

  6. 「日本のマスク不足」と「中国共産党による出荷制限」の真実

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. NHKがCIA秘密工作番組報道 「第二のCIA」NEDにも焦点を!

    2024.02.28

  2. 30年間日本の経済停滞の根本原因の一つ

    2024.02.17

  3. 外国資本の土地買収の法規制を

    2024.02.11

  4. 恩返しより恩送り 〜下仁田納豆の運命の出会い〜

    2024.02.07

  5. パーティー券問題、東京地検特捜部の狙い

    2024.01.19

姉妹サイト