2対10の法則(仮称)

・2対10の法則(仮称)

神の復帰摂理歴史を見ると、上述したように、ヤコブの子女12人から始まる2対10の法則(仮称)が重要なポイントで現れるようになっています。


・ヤコブの12人の子女。ヤコブの愛情が注がれたヨセフとベニヤミンの2人と、残り10人の兄たち。


・出エジプト記のカナン偵察において、信仰的報告をしたヨシュアとカレブを中心とした2部族と、不信仰な報告をした10部族。


・統一王国から分裂し、善良な王が多かった2部族からなる南朝ユダと、善良な王が一人もいなかった10部族からなる北朝イスラエル。


・真の家庭においても、真のお父様の遺志を受け継ぎ、家庭連合を離れ、サンクチュアリ教会を出発した文亨進様、國進様ご兄弟と、3男文顯進様を含め、12部族を形成する残り10人の子女様たち。

このように12人の中心人物たちの中で、2人がアベルの位置に立ち、残り10人がカインの位置に立つように摂理は展開され、アベルはカインを屈服させてこそ摂理は進展するようになっていました。

こうしてアベル型ヘブライズムとして誕生したプロテスタントも、神の祝福を得て神の摂理を担う少数のアベルグループと、それを妨害する多数のカイングループとに分かれ、少数のアベルグループを中心として神の摂理は進められてきました。そこでもアベルがカインを屈服し、一体化することによって、侵入したサタンが初めて分立され、神の摂理も成就するようになっていたのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
  • コメント: 0

関連記事

  1. 神様の摂理から見た南北統一

  2. 日本統治下の現地軍の創設・育成が果たした役割

  3. 大航海時代

  4. ポルトガル船種子島漂着と鉄砲伝来

  5. GHQが行った日本人洗脳工作“WGIP:War Guilt Information Program”

  6. 国際金融資本勢力・ディープステート

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ウクライナ戦争の原点、ソ連崩壊後の非人道的アメリカの対ロ政策

    2024.04.10

  2. プーチンが語るアメリカを陰で動かしている力

    2024.04.07

  3. イスラエルを狂気に駆らせた捏造記事!?

    2024.04.06

  4. 今も変わらぬバイデン40年前のエピソード

    2024.04.03

  5. ウクライナ戦争の裏の顔

    2024.03.21

姉妹サイト